バイセクシャルな日々

遅咲き狂い咲きのバイセクシャル男の日記。

一夏の恋で終わる予感

仕事帰りにいつもの場所でジュンと待ち合わせ、一度2人で行ったことのある個室居酒屋へ。


俺もジュンもほぼ同じペースで飲むので、気付けば毎回いい感じに出来上がってしまう。


そして、個室なので周りを気にせず会話できるし、軽く絡むこともでき、距離感も縮まる。


ただ、この日は、俺にとって嬉しいような悲しいような話題が…。




「ゆーきさんて、優しいよね(笑)

なんか、すごく気遣ってくれるし、自己中じゃないっていうか。」


「そうか?
てか、優しいとはよく言われるけど(笑)

ジコチューともよく言われる(笑)」


「ううん、『いいひと』だと思うよ(笑)。

こうやって会う人って、結構ガツガツしてるっていうか、ヤリ目とかだとなおさらだし。」


「『いい人』か…。

いやいや、俺だってヤリたくないわけじゃあないからね(笑)」


「えー!?
そもそもオトコとヤレるんすかー!?(笑)」


「うん、ジュンとはヤレると思うよ(笑)」


「マジでー?

けど、そん時になってやっぱできないとかってなったら、こっちがショックだからねー。」


「じゃあ、今度試してみる?」


「うーん、なんかキンチョーするわー(笑)

なんか、簡単にヤレない気がする。」


「なんでだよ?(笑)」


「わかんないけど、心構え?(笑)

乙女心分かれよ!(笑)」




みたいな。


俺が察するに、俺はジュンにとって「いい人」ではあるが、恋愛対象ではないようだ。


当たり前だけど。


そして、理由は定かではないが、やはり遠回しに俺とはヤレない、もしくはヤリたくないと思っている模様。


俺が最初に「バイ宣言」したからだろうか。


それとも、やはり俺が一回り近く上のオヤジだからだろうか。


とりあえず、心のどこかで期待していた「ジュンは俺のこと好きかも。」という妄想も、妄想だけで終わってしまいそうだ(笑)。


さらに、この日を境に、ジュンの俺に対する態度やLINEの頻度が変わった、気がする…。


すぐに来ていたLINEの返信が何時間も後だったり、ダメ元で突然連絡した飲みの誘いに対しても、素っ気ない断り方だったり、次いつ会えるか聞いても明確な返事がないなど…。


冷たくなったというか、俺との接触を控えたがっているというか、俺が勘違いしないように一線置こうとしているかのような。


ただ、なぜそうなったのかがイマイチよく分からないのだが。


俺の誘いや想いがしつこく感じ出したのか?




関係あるかわからないが、実はこの日ジュンが凄く嫌な顔をした瞬間があった。


それは、俺が例のアプリを使って、1人だけジュン以外のオトコと会ったことがあるという話をした時のこと。


ブログに前回書いた通り、会ってみてダメダメだったので、飯食べて即解散したことだけを、ほんの軽い気持ちで話したつもりだったのだが…。


後から後悔した…。


余計なことを話さなければよかったと。


もちろん、帰り際にキスされた事なんかは話していない。


けれど、ただでさえ出会って間もないのに、さらに俺が盛んに活動していると思われたのは確かで、俺に対する不信感が高まったのは間違いないと思う。


はぁ…。


意外と落ち込んだ。


ストレスニキビがたくさん出た…。



とはいうものの、その場では酔っていたせいもあり、会話はゲイの世界の話題にもなって盛り上がった。


ちなみにジュンは、高校生の頃から出会い系で彼氏を見つけたりしていたという。


彼女がいた時期もあったらしいが、オトコ経験の方が断然豊富とのこと。


昔付き合っていた彼氏と一度だけ「ハッテン場」に行ったことや、ゲイの集まるイベントやクラブに行ったりだとか、今夜ちょうど大阪でイベントがあるとか、最近見たゲイ関連の映画の事など、色々と話してくれた。


俺が「ハッテン場」に興味を示すとジュンは、

「ぜったい行かないでよ、あんなとこ!

もし行ったりしたら軽蔑するからね!!

汚いし病気になるから。」と言う。


そんな事を真剣に言われると、馬鹿な俺は、やっぱり俺に好意を持ってるのか??などと勘違いしそうになってしまう…。


そんな流れからか、飲み屋を出た後に、近くにある大阪の某ゲイタウンに行ってみようということに。


新宿2丁目ほど煌びやかであからさまな店が並んでいる様子はなかったが、いかにもという男性や、オトコ同士でフラフラしている人達がたくさんいた。


俺らもその中の一組だったのだが(笑)。


この日は、界隈では有名なクラブ?でイベントが行われていたらしく、ビルの前にはそこに集まった人達がたくさんいて騒がしかった。


日常にはない、ある種異様な光景だったが、そこにいると、オトコ同士のカンケーなんて当たり前で、隠したり躊躇したり後ろめたい気持ちなんて必要ないと思ってしまうような不思議な空間。


2人で道路の端にある花壇に座り、しばらくの間目の前を行き交う人達を眺めていた。


その後、近くのTSUTAYAで、ジュンに薦められた映画のDVDを借りてから、いつものように2人でタクシーに乗った。


そして、いつものように近くのコンビニで、絶対に飲みきらない量のビールや酒を買い込んでから、ジュンのマンションへ押しかけた…。


テーマ:男同士の恋愛 - ジャンル:恋愛

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
ブログ人気ランキング
  1. 2017/09/02(土) 10:08:10|
  2. ゆーきのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<宣言 | ホーム | 多忙な日々と不安>>

コメント

謎。

今までは絶対気があるって思ってたんすけど、ジュンさん謎すぎますね。。
でも気がないのにそんな飲みにいったりしますかね?ただのヤキモチ??ゆーきさんを独占したいだけ???それとも友達になりたいだけ????
謎ーー。

でもこの出会いから会って、そのあと家に入れてるんやったら友達とかにはもうなれんっすよね。普通気がなかったらここまで会わずにフェードアウトとかですよね?ぼくだけですか?1人モヤモヤしてます(^^;;
あー。謎すぎるー。笑
  1. 2017/09/02(土) 20:45:44 |
  2. URL |
  3. ともき #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

いろいろありますよ

今までマサさん一筋だったからわからなかっただけで色んな人が居るし、色んな考えの人が居るし。
特定な「誰か」を探すより、気の合う「仲間」いや、「友人」が見つかると気がラクだと思いますよ。
俺も数人いますけど、なかにはそういう関係の人もいます。
お互い「相方」がいたり「家族」がいたりしますけど、それはそれで・・。
呑んだり食事したり、愚痴やたわいもない話しをして楽しんでます。
色んな人と知り合って、心開ける友人が見つかるといいのになぁ~。
重く考えない方がいいですよ。
  1. 2017/09/03(日) 12:55:17 |
  2. URL |
  3. taa #-
  4. [ 編集 ]

ともきさん

そうなんです!! 謎です!
何が言いたいかというと、とにかくジュンは謎なんです!(笑)
悪いやつではないと思うんだけど、正直何考えてるかわかりません…。
オトコをコロコロ転がしたり、勘違いさせるのが超うまいやつなんだと思うんですよね。
だから、これならは俺もその気にならないようにします!
俺も毎日モヤモヤしすぎて、ニキビは出るし、仕事でやらかすし、ヤバいです…。
  1. 2017/09/03(日) 13:50:30 |
  2. URL |
  3. たちばなゆーき #-
  4. [ 編集 ]

taaさん

ですよね…。
たしかに、これまではまさ以外に相手がいなかったので、正直どういう付き合い方したらいいのか分からないんです。
俺の中では、ヤる=好意があると思っていたんですが、男×男の場合は違いますもんね。
taaさんが仰る通り、重くとらえず、気の合う友達を探してみます。
ジュンに対して恋愛感情抱かないようにします。
なんか、また痛い目に遭いそうなので(笑)
ありがとうございます!
  1. 2017/09/03(日) 14:42:44 |
  2. URL |
  3. たちばなゆーき #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tachibanauki.blog9.fc2.com/tb.php/1273-0285d501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)