バイセクシャルな日々

遅咲き狂い咲きのバイセクシャル男の日記。

温かい手

金曜日の新宿は、忘年会シーズンも重なり、人でごった返していた。




友人らとの飲み会も盛り上がり、けっこう飲んだ。




そして、そのままズルズルと二次会へ突入することに。




飲んでいる最中も、俺の頭の中はその後に待っている「お楽しみ」の事で一杯だった。




この前は「仮予約した」と書いたが、実はその後ホームページ上から「本予約」をしてしまっていた俺。




ホームページにはカラダの写真とモザイクが入った顔の写真しか無く、それぞれのスタッフの特徴が細かく書かれていた。




ちなみに俺が指名したのは、身長180cm、体重78kg、25歳、髪はショート、二重、美形のジャニーズ系美青年タイプ(笑)。




予約した時間が近づく。




まだまだ盛り上がっている友人らには悪いけれど、別の飲み会に顔を出さなければならないと嘘をつき、その場を後にした。




ホームページから本予約したあとのメールは、自動返信されてきた機械的な確認メールとは異なり、docomoのアカウントから届いたぶっきらぼうな内容だった。




「23:30に新宿○○マンション205号室へ来てください。

スタッフが待っています。

コース料金は17,800円。

場所は、新宿三丁目駅から徒歩○分。
新宿区○○○丁目○○」




そんなメールに軽い不安を覚えながらも、俺は指定されたマンションを目指した。




言わずと知れた新宿2丁目界隈。




過去に2回ほど酔っ払った勢いで、まさと友人らとフラフラと訪れたことはあったが、単独でこの街を歩くのは初めて。




いやー、やっぱりすごいところだ(笑)。




あちこちのゲイバーからはオカマ声の甲高い笑い声が聞こえてきたり、公然と男同士のDVDやアダルトグッズ屋が並んでいたり、何の恥じらいもなく男同士でいちゃついているカップルがいたり、誰かを待っているのかスマホ片手にキョロキョロしている「いかにも」な人たちがいたり・・・。




外国人も多かったかな。




色で例えると、限りなく桃色に近い紫色のような街を通り過ぎ、そのマンションはすぐに現れた。




エレベーターに乗り、恐る恐る指定された部屋へ向かい、インターフォンを押す。




「はい?

お名前は?」




「あっ、たちばなです・・・。」




「ちょっとお待ちください。」




決して愛想がよいとは言えないが、ま、そんなもんだろう。




ガチャン。




ドアが開き中に入る。




「こんばんわ。」




「こんばんわ。よろしくお願いします。」




迎えてくれた彼は、すでに上半身裸で、下は作務衣のようなパンツを履いていた。




プロフィール通り、背が高くガタイもいい。




筋肉質ではないが、首や手足も太く、裸で人前に出てもまったく恥ずかしくない立派な体格。




誰が見ても、「いいカラダ!」と思うだろう…。




俺には無い、クッキリとした大きな二重とクリッとした目をしている。




イケメンというか、どちらかというとカッコかわいいみたいな感じ。




悪くない(笑)。




「どうぞ、こちらでシャワーを浴びていただき、タオルを巻いて出てきてください。」




「あっ、はい。」




ちょっと緊張しながら、そそくさとシャワーを浴び、酒臭さを少しでもなくすため、洗面台にあった洗口液で数回うがいをした。




タオルを巻いて奥の部屋に行くと、薄暗い部屋の中央にマッサージ用のベッドが置かれていた。




「まずはうつぶせになって横になってください。」




「タオルは?」




「横になってから取りますよ。」




「あっ、そう。」




初めてではないが、見ず知らずの男の前で無防備に全裸で横になるのは、ちょっと照れくさい。




「じゃあ、始めますね。」




オイルを付けた彼の大きく厚い温かい手が、俺の背中を滑り出した。




ついに始まってしまった・・・。




テーマ:男同士の恋愛 - ジャンル:恋愛

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
ブログ人気ランキング
  1. 2015/12/20(日) 13:10:10|
  2. Hなこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<浮気!? | ホーム | 悪い癖>>

コメント

はっ、はっ、早く、

早く早く、続きをよろしくお願いします。
  1. 2015/12/21(月) 12:39:26 |
  2. URL |
  3. ゆう #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様!

俺は珍しく早く上がれて、いま帰り(^^)

ってか…

始まっちゃったね!
マッサージ!

師走で忙しいと思うけど、早く続きが読みたい!

読みながらヌクから(笑)
  1. 2015/12/21(月) 22:10:37 |
  2. URL |
  3. るりかけす #-
  4. [ 編集 ]

ゆうさん

もう少々お待ちください!
ただいま、鋭意執筆中です(笑)
  1. 2015/12/21(月) 23:31:29 |
  2. URL |
  3. たちばなゆーき #-
  4. [ 編集 ]

るりかけすさん

早く上がれてこの時間なんですね!?
お疲れ様です!
ていうか、俺のマッサージでヌくとは・・・。
お金とりますよ!(笑)
  1. 2015/12/21(月) 23:32:59 |
  2. URL |
  3. たちばなゆーき #-
  4. [ 編集 ]

このあとから鼻息が荒くなるシーンですね(笑)
相手の青年が俺の好みでは無いようなので残念ですが・・。
  1. 2015/12/22(火) 00:12:41 |
  2. URL |
  3. taa #-
  4. [ 編集 ]

taaさん

タイプじゃないんですね!?(笑)
どんなのがお好みでしょうか??
これから息荒くなりますよ…。
  1. 2015/12/22(火) 08:33:17 |
  2. URL |
  3. たちばなゆーき #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tachibanauki.blog9.fc2.com/tb.php/1205-c74f5a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)